多国籍企業学会代表派遣プログラムについて

国際交流委員会委員長 關 智一

多国籍企業学会・国際交流委員会では、グローバルな多国籍企業研究活動を促進するため、
2020年1月1日~12月31日の期間に関連する国際学会にて研究報告を計画している
院生・助教会員を支援する「多国籍企業学会代表派遣プログラム」を立ち上げました。
以下をご覧の上、是非とも奮ってご応募ください。

1)応募資格 原則として院生・助教

2)応募条件 ①国際学会での発表 ②本会部会ないしは全国大会での発表
  ※ 国際学会は多国籍企業研究に関連する海外の学会とする
  ※ 2020年1月1日~12月31日の期間に開催予定の国際学会を対象とする
  ※ 発表する国際学会は2020年6月に香港にて開催予定のAJBS(Association of
    Japanese Business Studies)年次大会を推奨する
  ※ 本会部会(全国大会)での発表は国際学会での発表の前後どちらでも構わない
  ※ 当該研究を発表する場合、当学会の代表として選出され、助成を受けていることを
    明示すること

3)交付金額 1件あたり7万円~10万円
  ※ 原則として、交付金は国際学会での報告・本会部会(全国大会)での報告が完了した
    のちに交付する

4)募集件数 1年度につき2~3件

5)申請方法 申請書類(研究報告計画書)PDF / Wordどちらかに記入の上、
  多国籍企業学会事務局へ添付ファイルで送信
  ※ 多国籍企業学会国際交流委員会委員長・關 sekit@rikkyo.ac.jp

6)申請締切 2019年10月7日(月)